イシトモ.net

マイレージを使って上海へ(2016年3月)

March 26, 2016

3月18日―― 貯めたマイレージを使おうとJALのサイトを見ていたところ、一般会員向けの特典航空券に空きがあったので、急遽休暇をいただいて、上海に行ってきました。東京〜上海便は近距離路線のため、新しいシートが少ないのですが、羽田発着便だけ「スカイスイート2」の飛行機があり、ビジネスクラスを予約していきました。

ところが空港でチェックインすると、、、「本日は機材の変更により、『スカイリクライナー』に変更となりますので、ご了承ください」と言われてトーンダウン…。搭乗時刻までの間、「サクララウンジ」で待つことにしました。大好評のカレーはもちろん美味しかったです。4階のダイニングエリアは飛行機が見えませんが、5階のフロアは飛行機がよく見えました。朝からシャンパンを飲んで酔っ払い、マッサージチェアで寛ぎました。一度ラウンジから出て戻って来ても、顔を覚えてくれているので、すぐに入れました。ビジネスクラスは座席が増えたせいか、空席が目立っていました。事前座席指定が取り消されたおかげで、最前列に座ることができました。シートは古くても、静かでゆったりとした雰囲気は好印象。食事はお肉が柔らかくて美味しかったですし、シャンパンもいただけましたし、全体的に良かったと思います。ただ、不覚にもアイスクリームを残してしまったことが心残りです。

ザ・ポートマン・リッツ・カールトン上海に宿泊しました(2016年3月)

March 26, 2016

3月18日―― 上海滞在1日目は「ザ・ポートマン・リッツ・カールトン上海」に宿泊しました。ロビーラウンジなど、所々で改装工事が行われていました。「デラックス・ルーム」のお部屋に宿泊しました。チェックインの時間が遅くて、すでにターンダウンが済んでいました。アメニティはホテルのオリジナルかと思っていましたがアスプレイでした。バスタブのお湯があっという間に溜まるのが良かったです。建物が古くてもお部屋の快適性が保たれていて、周辺のホテルと比べても価格が安い気がしました。
プールは屋内だけ利用できました。ジャグジーもあるのですが、全体的にちょっと古い感じがして、プールに入るのは遠慮しました。朝食は「テーブルズ・レストラン」でいただきました。ビュッフェ形式で種類が豊富。卵料理や麺類はもちろん、点心もありました。さらにアイスクリームもあって、いろいろな種類のアイスクリームが食べられました。朝から忙しない感じがするものの、紅茶が飲み終わるとすぐカップに注いでくれたり、スピーディーに対応してくれました。

豫園周辺を散策(2016年3月)

March 26, 2016

3月20日―― 上海で有名な観光スポット「豫園」に行ってきました。豫園とは中国の伝統的な面影が残る庭園になります。こんな街中に大きな庭園があることに驚きました。近代的な建物が多い上海でも、ここに来ると中国に来たということが実感できます。 豫園の周辺には「豫園商城」と呼ばれる商店街があります。結構広くて、レストランやお土産屋さんなど、たくさんのお店が並んでいます。どれも同じような建物ばかりで、迷ってしまいます…。観光地だけにそれなりに人が多いですが、歩けないほどでは無かったので良かったです。

フォーシーズンズ・上海浦東に宿泊しました(2016年3月)

March 26, 2016

3月19日―― 上海滞在2日目は「フォーシーズンズ・ホテル・上海浦東」に宿泊しました。上海ワールドフィナンシャルセンターの隣にあるホテルになります。シティビューの「デラックス・ルーム」を予約していましたが、33階のパールビューのお部屋に変えてくれました。お部屋の内装は照明が多くて明るいのと、網戸が付いているのが特徴的。色合いからして、高級感というよりもスタイリッシュな感じがしました。iPadでのエアコン操作やテレビ付きの洗面台、さらに2種類のシャワーなど、機能性にも優れていました。お部屋からは、巨大な上海環球金融中心と建設中の上海タワーが見えました。さらに奥には金茂大厦や上海国金中心、東方明珠電視塔といった高層ビルが見えました。夜になると、素晴らしい景色が広がっていました。
41階にあるスイミングプールで泳いでみました。こちらも浦東の高層ビル群が見える絶好のロケーションになります。ジャグジーで寛いだり、サウナで汗をかいたり、日頃の疲れを癒しました。利用客が1〜2組しかいなかったので、夜景を独り占めしながら贅沢な気分になりました。周りの高層ビルに入っているホテルも気になりますが、天気が悪いと視界が悪くなってしまうので、これぐらいの高さで丁度良いのかもしれません。

3月20日―― 朝食は「カメリア・レストラン」でいただきました。ビュッフェ形式でしたので、朝からお腹一杯いただきました。うなぎの蒲焼きや鳥の照り焼きといった日本食もありました。館内が少し寒かったせいか、温かい麺類やお粥をいただきました。外は寒いのに、テラス席で食べている宿泊客に驚きました。


……と、ここまでは、素晴らしかったのですが、この後、予想外の出来事が起きてしまいました。

お昼は中華料理レストラン「尚席」でランチをいただくことにしました。あれっ?どうもお腹の調子が悪い…。点心を楽しみにしていたはずが食欲が全く湧かず、一口も食べられずにお会計をしてしまいました…。とても美味しそうだったのに、お茶しか飲めなくて残念…。
そして、午後になると体調が急激に悪化…。ホテルのスタッフにお願いして、病院まで連れて行ってもらいました。スタッフの皆さんもかなり戸惑っていましたが、いろいろ助かりました。

JALスカイスイート2に搭乗しました(2016年3月)

March 26, 2016

3月21日―― 上海滞在中に入院したことで、観光ができませんでしたが、帰りの飛行機もマイレージで予約していたビジネスクラスに乗りました。上海浦東国際空港のサクララウンジで休憩。食べ物や施設は羽田空港ほどではありませんが、利用者が少なくて過ごしやすかったです。時間があったので、プライオリティパスが使えるラウンジにも行ってみました。どちらのラウンジもカップラーメンを食べている人が多かったです。飛行機のシートは予定通り「スカイスイート2」でした。シートが完全にフラットにできたり、マッサージ機能が付いていたり、最新のシートが体験できました。食事は洋食を選びました。退院直後のため、お酒は飲まず、食事も半分くらいで抑えました。アイスクリームを完食したら、ちょっと胃もたれ…。まだ完治していなかったようです…。食事が終わるころには、到着まで1時間を切っていました。シートを倒して寛ぐ時間が無く、短距離路線ではシートの機能を使う前に到着してしまう気がしました。それでも、中距離向けのシートに座れるというのは十分魅力的だと思います。