イシトモ.net

JAL国内線のファーストクラス(羽田→那覇)(2020年8月)

August 21, 2020

8月3日―― 羽田空港から那覇空港までJALを利用しました。マイレージが貯まっていたのと、A350の最新機材に乗ってみたくてJALを選んだのですが、国際線仕様で運行されている便もあって、どの便に乗ろうか悩みました。最終的には時間帯が良い最新機材の便を選びました。しかし、人目を気にするあまり、羽田空港にかなり早く着いてしまうことに…。せっかくなので、ファーストクラスの有償アップグレードを試みると、運良く空席がありました。
出発時間まで「ダイヤモンド・プレミアラウンジ」で待ちました。ラウンジはビジネス客が多いように感じます。新型コロナウイルスの影響で、サービスが限られていますが、それほど混雑していなくて良かったと思います。いよいよ搭乗。ファーストクラスといっても国内線ですので、あまり期待をしてはいけないのですが…。ファーストクラスは座席数が少ないせいか、やや閉鎖的な感じがしました。座席にはスリッパやテンピュールの枕、おしぼり、アルコール除菌シートが用意されていました。座席はリクライニングやマッサージ機能が付いていて、操作ボタンの多さに豪華な感じがしました。背もたれがあまり後ろに倒れませんし、足が前にぶつかってしまうので、狭い感じは否めませんが、2時間くらいの搭乗であれば十分かもしれません。ファーストクラスでは国内線でも食事が付いています。朝食の時間帯でしたので和食でしたが、全体的に美味しかったです。客室乗務員の方が頻繁に飲み物のリクエストを聞いてくれるのは日本らしくて素晴らしいのですが、個人的にはそっとしてほしいと思ってしまうところもあります。

関連メッセージ

コメント

*必須

*必須(非公開)

*必須