イシトモ.net

サムイ島に行ってきました(2016年9月)

September 19, 2016

9月8日―― 仕事が忙しくて夏休みが取れませんでしたが、木曜日からお休みをもらって、3泊4日でサムイ島に行ってきました。空港に行く直前まで家でお仕事……。疲れ果てた体で羽田空港に到着しました。今回はJALの深夜便のため、追加料金を払ってプレミアム・エコノミーの座席に変えてもらいました。一番前の座席だったせいか、非常口付近のエコノミークラスとあまり広さが変わらないような…。シャンパンを飲んだり、カップ麺を食べたり、プレミアム・エコノミーを満喫してしまったことで、ほとんど休めませんでした。6時間ほどでバンコクに到着しました。バンコクのスワンナプーム国際空港は国内線への乗り継ぎがしやすく、荷物を預け直す必要がありません。案内板に搭乗券をかざすと、搭乗口の場所が表示されます。便利で清潔感のある空港ですが、広すぎるのが難点。

サムイ島への移動はバンコク・エアウェイズを利用しました。この航空会社は、エコノミークラスのお客さんにもラウンジが用意されています。「ブティック・ラウンジ」で異様に甘いオレンジジュースを飲みながら、ポップコーンやサンドイッチをいただきました。
サムイ空港に到着すると、タクシーでホテルに向かいました。ちょっと天気が悪くて、リゾート気分になれず…。

シックスセンシズ・サムイに宿泊しました(2016年9月)

September 19, 2016

9月8日―― サムイ島の北東にある「シックスセンシズ・サムイ」に宿泊しました。空港から近く、タクシーに乗って15分くらいで到着します。崖の上に建てられたレセプションから壮大な景色を望むことができ、リゾート気分を盛り上げてくれます。GEM(ゲスト・エクスペリメント・メーカー)と呼ばれるバドラーさんから挨拶を受けた後、お部屋でチェックインしました。
後でレセプションを通り掛ったときには、日本人のスタッフからも挨拶がありました。スタッフの方々とすれ違う度に話しかけてくるので、とても親近感を持ちました。ただし、こちらからは粋な挨拶はできないので、あしからず…(英語を勉強しないと…)。

シックスセンシズ・サムイのプール・ヴィラ(2016年9月)

September 19, 2016

9月8日―― シックスセンシズ・サムイでは「プール・ヴィラ」というお部屋に宿泊しました。「ハイダウェイ・ヴィラ」を予約していたのですが、一つ上のカテゴリにアップグレードしてくれました。自然に溶け込むように建てられたヴィラは、2階建てでとても広い!
1階はオープンエアのリビングとプール、2階はリビングとベッドルームとバスルームになっています。
お部屋でチェックインした後、バドラーさんから簡単な説明を受けました。机の上には日本語で書かれた紙が置いてあり、それを書いておくことで、掃除やターンダウンの時間がリクエストできるようになっていました。2階のリビングには大きなソファが置かれていて、くつろぎやすいようにたくさんのクッションが用意されていました。テレビも置いてありましたが、昼間はソファの方向に、夜はベッドの方向に向けられていて、細かいところで気配りが感じられました。ベッドルームの天井にはシーリングファンや蚊帳が設置されています。ターンダウンのときには好きなアロマを用意してくれるので、快適に眠ることができます。
バスルームはバスタブが大きく、お湯をためるのに時間がかかりますが、バスソルトでレモングラスの香りを楽しむことができます。シャワーは屋外にあります(2種類のシャワーヘッド)。夜になると蚊取り線香が焚いてありました。ダブルシンクになっていますし、広いだけではなくアメニティも充実していました。
一度だけ、1階のプールで泳いでみました。2掻きくらいの広さしかありませんが、夕方になると丁度良い水温になっていました。オープンエアのリビングは利用することがありませんでした。エアコンの効いたお部屋で過ごしていたので…。お部屋は自然な雰囲気でありながら、機能的で快適に過ごせるように作られていました。飛行機が夜遅くまで飛んでいるのと(空港が近いので)、電動カートの音が聞こえてくるのが難点ですが、様々な工夫が感じられて、全体的に素晴らしかったと思います。

シックスセンシズ・サムイのカクテルパーティ(2016年9月)

September 19, 2016

9月8日―― シックスセンシズ・サムイで週一回行われているカクテルパーティに行ってみました。メインプールとレストランの間にある「チル・オン・ザ・ヒル」という場所で行われています。カクテルやスパークリングワインを飲みながら、軽食をいただきました。その場で焼いているサテーが特に美味しかったです。トムヤンという唐辛子の入った変わったカクテルもありました。ソファでくつろぎながら、外でお酒を飲んでいると、とても良い気分になります。
日が暮れていくと風が強くなってきました。急に雨が降ってきたので、「ドリンクス・オン・ザ・ヒル」というバーに移動して、続きを楽しみました。睡眠不足の状態で何杯もお酒を飲んだ結果、ぐったりしてしまいました…。

シックスセンシズ・サムイのスパ(2016年9月)

September 19, 2016

9月9日―― 「シックスセンシズ・スパ」でマッサージを受けてきました。宿泊を予約したときには50分のスパメニューが付いていたのですが、実際は60分のスパメニューと30分のフットマッサージが付いていました。「センシズ・オブ・アロマ」という60分のオイルマッサージを受けました。首と肩のこりがヒドイので、肩を中心に全身をマッサージをしてもらいました。とても気持ちが良くて、半分ウトウトしながら疲れを癒しました。あっという間の60分、壮大な景色が望めるトリートメントルームでマッサージを受けたものの、目を閉じていて景色を見ることはありませんでした。フットマッサージは別の日に受けました。飛行機に乗ったり、リゾートで遊んでいたり、足に疲れが残っていたので、ちょうど良かったです。日頃スパに行く機会はありませんが、贅沢な休暇を過ごすことができました。

シックスセンシズ・サムイのダイニング(2016年9月)

September 19, 2016

9月9日―― 朝食は「ダイニング・オン・ザ・ヒル」でいただきました。ビュッフェ形式でメイン料理を注文するスタイルになっていました。ビュッフェのコーナーでは食べ物の並べ方がとても素敵。フレッシュジュースがオシャレに並んでいました。パンとフルーツの種類が特に豊富です。麺類もあって、朝から食べ過ぎてしまいました。
夕食も同じレストランでいただきました。タイ料理ばかり注文していたせいか、スタッフの方々に何度も話しかけられました。トムヤンクンは辛いというより、甘酸っぱかったです。
朝食も夕食もソファ席でしたので、景色を楽しむというよりも、くつろいで食事をいただくことができました。この時期は、風が強くてビニールシートが掛けられているため、景色が見えるテーブル席でなくても良いかもしれません。レストランの隣は「ドリンクス・オン・ザ・ヒル」というバーになっています。チェックインのときにウェルカムドリンクをもらっていなかったので、こちらのバーでいただきました。ブランコのソファ席が人気のようですが、ここでお酒を飲むと、すぐに酔ってしまうような…。

シックスセンシズ・サムイのメインプール(2016年9月)

September 19, 2016

9月9日―― シックスセンシズ・サムイのメインプールで泳いでみました。高台にあるプールはとても広く、35メートルもの長さがあります。プールからの景色が素晴らしい! 壮大な海と小さな島が見えました。プールに入って、ずっと景色を眺めていました。プールの水は少し冷たくて、慣れるのに時間がかかりました。プールサイドで日焼けをしている人は多いですが、泳いでいる人は少ないので、周囲を気にすることなく泳ぐことができました。15時になると、隣の「チル・オン・ザ・ヒル」でアイスクリームがもらえます。バニラ・チョコレート・ストロベリー・ココナッツの4種類、全ていただきました。ディナーの準備中にお邪魔して申し訳ないと思いながら、1日6個くらい食べてしまいました。夕方になると、人が減って貸切状態に。雲が多くてサンセットを見ることはできませんが、時間と共に変わりゆく景色を見ていると、幻想的な感じがしてきます。

シックスセンシズ・サムイのリゾートを散策(2016年9月)

September 19, 2016

9月10日―― シックスセンシズ・サムイのリゾートを散策してみました。リゾートはそれほど広くありませんが、崖の上にあるので、坂道や階段が多かったです。所々で電動カートの乗り場があり、行きたい場所まで連れてってくれるようです。カートに乗ったスタッフに「乗りますか?」と聞かれましたが、散策をしたかったので、結局乗ることはありませんでした。レストランとバーの入口には、日の出・日の入りの時刻、気温などが書かれたボードがあります。バーの隣にはライブラリーがあります。ビリヤードやパソコンが置いてありました。2階がハンモックになっていますが、下に落ちそうで怖かったです。階段を下りていくとビーチがあります。誰もいないプライベートビーチ。波は穏やかですが、岩や石が多くて泳ぎにくそうです。
「ダイニング・オン・ザ・ロックス」というレストランでは、壮大な海を正面に食事を楽しむことができるようです。滞在日数が少なすぎて、利用できず…。

帰りの空港ラウンジ(2016年9月)

September 19, 2016

9月11日―― サムイ島ではリゾートに宿泊しただけで、特に観光はしませんでした。サムイ島からバンコクを経由して東京に帰ってきました。サムイ島の空港は、チェックインカウンターが混雑していて、チェックインに時間がかかりました。シックスセンシズ・サムイのスタッフにチェックインの手続きまでサポートしていただきました。サムイ島からバンコクまではバンコク・エアウェイズの国内線に乗りますが、出国手続きはサムイ島で行いました。
プライオリティ・パスを使って、「ブルーリボン・クラブ・ラウンジ」というラウンジを利用しました。こちらはバンコク・エアウェイズのラウンジになります。
早朝のラウンジの利用客はゼロ。時間が無くて、ワンタンスープと点心だけいただきましたが、とても美味しかったです。

バンコクのスワンナプーム国際空港では「オマーン航空ファースト&ビジネスクラスラウンジ」を利用しました。航空会社のラウンジだけあって高級感があります。飛行機が出発したばかりで、利用客が少なかったです(日本人客が多いような…)。デーツはいただきませんでしたが、アラビックコーヒーとスパークリングワインをいただきました。こちらのラウンジも時間が無くて30分くらいしか利用できませんでした。次回は、もっとのんびりと旅行がしたいですね。